森のガラス館 | 沖縄 観光

琉球ガラスが作られるようになったのはいつ頃からですか?

琉球ガラスが作られるようになったのはいつ頃からですか?

琉球ガラスの原形がつくられたのは明治時代。薬瓶やランプのほやといった生活用品が作られたのがそのはじまりとされています。時を経て、戦後、駐留米軍が使用したコーラやビールの色付きガラス瓶を再生するというアイディアによって、沖縄独自のガラス文化が誕生しました。現在では材料や技法も格段に進化を遂げ、多彩な商品が生み出されています。


Top